ログイン
システム構築
トップページ
基本アプリケーション
カスタムアプリ
システム設定
クラウド移行
保守
オプション製品
仕様・制限事項
ライセンス・購入
納品・請求・支払い
お客様情報の変更・確認
解約・キャンセル
資料
お問い合わせ




URLをクリップボードにコピーしました
省略URL:https://faq.cybozu.info/alphascope/cybozu/web/office10/Detail.aspx?id=2237
  FAQ番号:2237
既読にしたデータを未読に戻せますか?
通知を既読にしたデータは未読に戻せません。

既読にしたデータを再度見返す必要がある場合は、次のいずれかの方法を検討してください。
 
方法1:「最新情報」パーツの「トップに常に出す情報」欄に表示する
方法2:ToDoとして登録する
方法3:専用のフォルダを用意して、データを移動する
方法4:フラグを付ける 
 

 方法1:「最新情報」パーツの「トップに常に出す情報」欄に表示する

次のアプリケーションのデータは、トップページの「最新情報」パーツの「トップに常に出す情報」欄に表示しておけば、通知を既読にしたあとも、常にトップページから閲覧できるようになります。
  • メッセージ
  • メール
  • 掲示板
  • ファイル管理
  • 報告書
  • プロジェクト(タスク/掲示)
【「最新情報」パーツの例】


データを「トップに出す情報」欄に表示する方法は、次のマニュアルを参照してください。  

 方法2:ToDoとして登録する

次のアプリケーションと連携した、あとから見返すための自分のToDoとして登録することができます。
  • スケジュール
  • メール
  • メッセージ
  • 掲示板
  • 報告書
【掲示板の場合の例】


操作についての詳細は、ToDoとほかのアプリケーションとの連携を参照してください。
 

 方法3:専用のフォルダを用意して、データを移動する

データを見返す用のフォルダを用意して、あとから見返したいメッセージやメールをフォルダに移動し、ほかのデータと区別できるようにします。

【メッセージの場合の例】


操作方法は、次のマニュアルを参照してください。

メッセージの場合

個人フォルダ内のフォルダの設定
メッセージの移動

メールの場合

メールフォルダの設定
メールの移動
 

 方法4:フラグを付ける

重要なメールや、あとでじっくり読みたいメールの目印にフラグを付けることができます。



フラグについての詳細は、フラグの使い方を参照してください。
 

補足

  • メールにフラグを付けられるのは、次のバージョンが対象です。
    • クラウド版 サイボウズ Office
    • バージョン10.5以降のパッケージ版 サイボウズ Office
 

感動しました
感動しました
解決しました
解決しました
参考になりました
参考になりました
もっと詳しく
もっと詳しく
分かりにくい
分かりにくい
問い合わせます
問い合わせます