ログイン
システム構築
トップページ
基本アプリケーション
カスタムアプリ
システム設定
クラウド移行
保守
オプション製品
仕様・制限事項
ライセンス・購入
納品・請求・支払い
お客様情報の変更・確認
解約・キャンセル
資料
お問い合わせ




URLをクリップボードにコピーしました
省略URL:https://faq.cybozu.info/alphascope/cybozu/web/office10/Detail.aspx?id=680
  FAQ番号:680
データが一括削除の対象になる条件を教えてください。
一括削除の処理では、指定した日付以降に更新されていないデータをまとめて削除します。
 
メッセージの場合
掲示板の場合
報告書の場合
 

 メッセージの場合

 
削除される条件:
  • 指定した日付より前に作成されている
  • 指定した日付以降に、メッセージの本文の更新、またはコメントの書き込みがない
 
メッセージを更新したと判断される操作、および判断されない操作は、次のとおりです。

 ◎判断される操作 

  • 本文を変更する
  • 宛先を追加する
  • コメントを書き込む
    書き込んだコメントを削除した場合は、更新時間が巻き戻ります。

 ×判断されない操作 

  • 宛先を削除する
  • 閲覧状況確認機能が有効なメッセージの[確認しました]ボタンをクリックする
  • リアクションをする
例:基準日に、2015年4月2日を指定した場合
  • 2015年4月2日に送信したメッセージ:
    削除されません。
  • 2014年9月1日に送信し、本文を更新した 2015年4月2日が最終更新日のメッセージ:
    削除されません。
  • 2014年9月1日に送信し、コメントを書き込んだ2015年5月1日が最終更新日のメッセージ:
    削除されません。
  • 2014年9月1日に送信し、宛先を追加した2015年1月1日が最終更新日だったため、2015年5月1日にコメントを書き込んだあと、そのコメントを削除したメッセージ:
    削除されます。最終更新日が2015年1月1日に巻き戻ります。
  • 2015年4月1日に送信し、[確認しました]ボタンをクリックした2015年4月2日が最終更新日のメッセージ:
    削除されます。
  • 2015年4月1日に送信し、リアクションをした2015年4月2日が最終更新日のメッセージ:
    削除されます。

詳細は、次のマニュアルを参照してください。
クラウド版:更新されていないメッセージの一括削除
パッケージ版:更新されていないメッセージの一括削除
 

 掲示板の場合

削除される条件:
  • 指定した日付より前に作成されている
  • 指定した日付以降に、掲示内容の更新やコメントの書き込みがない

掲示状態(掲示開始待ち、公開中、掲示期間切れ)に依存せず、基準日のみで判断されます。
掲示を更新したと判断される操作、および判断されない操作は、次のとおりです。

 ◎判断される操作 

  • 本文や掲示期間などの設定内容を変更する
  • コメントを書き込む
    書き込んだコメントを削除した場合は、更新時間が巻き戻ります。

 ×判断されない操作 

  • リアクションをする
例:基準日に、2015年4月2日を指定した場合
  • 2015年4月2日に作成した掲示:
    削除されません。
  • 2014年9月1日に作成し、掲示の本文を更新した2015年4月2日が最終更新日の掲示:
    削除されません。
  • 2014年9月1日に、掲示開始日時を2015年4月2日に指定して作成して以降、更新していない掲示開始待ちの掲示:
    • クラウド版またはバージョン10.6以降のパッケージ版 サイボウズ Officeをお使いの場合:
      削除されません。掲示開始日時の2015年4月2日が更新日時と判断されます。
    • バージョン10.5以前のパッケージ版 サイボウズ Officeをお使いの場合:
      削除されます。掲示作成日時の2014年9月1日が更新日時と判断されます。
  • 2014年9月1日に作成し、コメントを書き込んだ2015年1月1日が最終更新日の掲示:
    削除されます。
  • 2014年9月1日に作成し、本文を更新した2015年1月1日が最終更新日だったため、2015年5月1日にコメントを書き込んだあと、そのコメントを削除した掲示:
    削除されます。最終更新日が2015年1月1日に巻き戻ります。
  • 2015年4月1日に送信し、リアクションをした2015年4月2日が最終更新日の掲示:
    削除されます。

詳細は、次のマニュアルを参照してください。
クラウド版:更新されていない掲示を削除する
パッケージ版:更新されていない掲示を削除する
 

 報告書の場合

補足

  • 基準日を指定して報告書を一括削除できるのは、次のバージョンが対象です。
    クラウド版 サイボウズ Office
    バージョン10.3以降のパッケージ版 サイボウズ Office
 
削除される条件:
  • 指定した日付より前に作成されている
  • 指定した日付以降に、報告書内容の更新やコメントの書き込みがない

下書きは一括削除の対象外です。
報告書を更新したと判断される操作、および判断されない操作は、次のとおりです。

 ◎判断される操作 

  • 報告書の変更画面から、報告書の内容を変更する
  • コメントを書き込む
    書き込んだコメントを削除した場合は、更新時間が巻き戻ります。

 ×判断されない操作 

  • [通知先の変更]リンクから、通知先を変更する
  • リアクションをする
例:基準日に、2015年4月2日を指定した場合
  • 2015年4月2日に作成した報告書:
    削除されません。
  • 2014年9月1日に作成し、内容を更新した2015年4月2日が最終更新日の報告書:
    削除されません。
  • 2014年9月1日に作成し、コメントを書き込んだ2015年5月1日が最終更新日の報告書:
    削除されません。
  • 2015年4月1日に作成し、公開から非公開に変更した2015年4月2日が最終更新日の報告書:
    削除されません。
  • 2014年9月1日に作成し、コメントを書き込んだ2015年1月1日が最終更新日の報告書:
    削除されます。
  • 2014年9月1日に作成し、標題を更新した2015年1月1日が最終更新日だったため、2015年5月1日にコメントを書き込んだあと、そのコメントを削除した報告書:
    削除されます。最終更新日が2015年1月1日に巻き戻ります。
  • 2015年4月1日に作成し、リアクションをした2015年4月2日が最終更新日の報告書:
    削除されます。

詳細は、次のマニュアルを参照してください。
クラウド版:報告書を一括削除する
パッケージ版:報告書を一括削除する
 

感動しました
感動しました
解決しました
解決しました
参考になりました
参考になりました
もっと詳しく
もっと詳しく
分かりにくい
分かりにくい
問い合わせます
問い合わせます