ログイン
システム構築
トップページ
基本アプリケーション
カスタムアプリ
システム設定
クラウド移行
保守
オプション製品
仕様・制限事項
ライセンス・購入
納品・請求・支払い
お客様情報の変更・確認
解約・キャンセル
資料
お問い合わせ




URLをクリップボードにコピーしました
省略URL:https://faq.cybozu.info/alphascope/cybozu/web/office10/Detail.aspx?id=820
  FAQ番号:820
サイボウズ Office 10とメールワイズを上手に一緒に使うにはどうすればよいですか?
メールワイズとサイボウズ Office 10をより便利に使うために、次の機能があります。
 
● 連携システムからの通知
 
メールワイズからのメール通知を、サイボウズ Office 10トップページ最新情報の[連携システムからの通知]に表示できます。

サイボウズ Office 10:連携システムからの通知
メールワイズ:自分宛のメールワイズの通知を確認する場合
 

注意

  • 「Office」の「メール」機能で 1ユーザーに複数のメールアカウントを登録している場合、メールアカウント一覧のうち一番上のメールアカウントでのみ、[連携システムからの通知] として、メール通知を受け取れるようになります。
    メール通知を [連携システムからの通知] として受け取りたい場合は、メールアカウントをメールアカウント一覧の一番上に移動してください。
    ユーザーのメールアカウントの設定
 
● トップページのカスタマイズ機能
 
サイボウズ Office 10のトップページのパーツにメールワイズを配置させたり、アプリケーションメニューにメールワイズのアイコンを追加することができます。
 
 
●連携認証
 
「連携認証」を有効にすると、サイボウズ Office 10へログインしたあと、メールワイズにあらためてログインすることなくメールワイズの機能を利用できます。
 
メールワイズとサイボウズ Office 10で連携認証を行う場合、モードは「オープン統合認証 ver.2」を選択することをお勧めします。

サイボウズ Office 10:連携認証
メールワイズ:連携認証を設定する
 
 
●ユーザー情報の連携

サイボウズ Office 10とユーザー情報を連携すると、ユーザー管理を統合できます。製品毎にユーザー管理を行う必要がなくなり、人事異動や新入社員追加の作業も軽減できます。
 
    ※ ユーザー情報を連携するには、メールワイズと連携先のサイボウズ Office 10を同一サーバーマシン
       インストールしている必要があります。
 
    ※ ユーザー情報を連携している場合で、サイボウズ Office 10側で行われたユーザー追加情報は、自動的に
        メールワイズに反映されません。 メールワイズ側にも「メールワイズを利用するユーザー」から
        ユーザーを追加する必要があります。
 
【!】サイボウズ Office 10を新規でインストールしている場合は、「メールワイズ 5.0.x」および
         「メールワイズ 5.1.0」とユーザー情報の連携はできません。旧バージョンをご利用の場合、
         「メールワイズ 5」を最新版へバージョンアップしてください。   

 
●グループウェア連携機能
 
メールワイズで「担当メール」「確認メール」に設定されたメール件数等をトップページ最新情報の[お知らせ]に表示できます。
 
     ※「オープン統合認証 ver.2」にて両製品の連携認証を行っている環境のみ利用可能な機能です。
   
 

感動しました
感動しました
解決しました
解決しました
参考になりました
参考になりました
もっと詳しく
もっと詳しく
分かりにくい
分かりにくい
問い合わせます
問い合わせます